エッグ矢沢の世界一周ブログ

吉本興業を辞めた僕が自由気まま好き勝手に行く旅

【恋するホーチミン①】日本語ペラペラの謎のベトナム美女とデート【真実の愛を求めて】

押忍!エッグ2018だ!

 

あけましておめえええええええええええ!!!!!!!!今年もよろおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

 

f:id:eggyazawa:20171230235200j:plain

 

というわけで新年一発目は遂にやってきたエッグの恋愛物語!!

俺のTwitterを見ている人なら知っているだろうが、俺はベトナムホーチミンで恋をした!!

 

 

それも純愛なのだ。

 

 

今回から始まる恋するホーチミンは全何話になるのか。

今から書き始めるので俺にも全くわからない。

 

それでは書いていくぜ!!

 

___________________________

 

【2017.11.19】

 

f:id:eggyazawa:20171230201140j:plain

 

先日行ったコンダオ島に向かうバスの中で僕はベトナム人の女の子とメッセージのやりとりをしていた。

言語を勉強するためのアプリで知り合い、アイコンを見る限り可愛い女の子だ。

彼女は日系の企業で働いている事もあり、日本語がペラペラで基本的な日本語は全て話せるとあってメッセージのやりとりは弾んだ。

 

そんな彼女とコンダオ島から帰った次の日に会う約束をした。

僕は空港に近いホテルを取り、その近くのカフェで夕方頃に会う約束をしていた。

しかし生憎の大雨で僕達は会う時間が遅くなり、カフェに到着した時にはもう外は暗くなっていた。

 

そして先に中に入っていた彼女と初めて会った。

 

思ってた通りかわえええええええええええ!!!!!!!!!!

 

と思ったが僕は少しクールを装いカフェで色々な話をした。

彼女の名前はNちゃん

どんな顔だったか説明するのは難しいが、僕的には綾瀬はるか丸高愛実一色紗英を足して3で割った感じだと思っている。

 

とにかく透明感が半端ない美少女だ。

 

f:id:eggyazawa:20171230201314j:plain

 

そんなNちゃんは日本語がペラペラとあって色々な話をした。

ベトナム人の恋愛事情から仕事の話まで話は尽きなかった。

 

聞くところではベトナムは日本と違いゴリゴリのレディーファーストとのこと。

恥ずかしいくらいゴリゴリにレディーファーストしなくてはいけないかと思ったが、彼女はそんな事はなくて安心した。

※とはいってもエッグは最低限のレディーファーストが身についているジェントルマンです。

 

そしてお腹も空いたので二人で日本食の居酒屋に行く事になった。

色々な物を頼んだけど全部ちゃんとジャパニーズテイストで美味しかったし安かった。

ベトナム日本食はラーメン以外は基本的に安くて美味しい。

ラーメンだけは日本と同じ価格なのにいまいちパッとしなかった。

 

f:id:eggyazawa:20171230201450j:plain

 

そこでも僕の過去の彼女の話から、彼女の過去の彼氏の話とか色々と盛り上がった。

彼女は大卒で日系企業で働いてるベトナムのエリートみたいで、会話の内容も深くまで話せるしとても楽しかった。

 

そんでめっちゃかわええええええええええ!!!!!!!!!!

 

そして夜も遅いので彼女は帰るかと思ったが、もう一軒行こうとなり僕は悩んだ。

もしかして彼女は帰りたくないのか?

もしかして彼女は俺と一夜を共にしたいのか?

 

そんな事も考えたが真面目で良い子だったので普通にカフェに行ってまた話をした。

まじでどんだけ話しすんねん!っていうくらい二人で色々な話をした。

しかもカフェの席が狭く隣同士で座るスタイルだったので距離が近い。

Nちゃんの顔がガチで20㎝くらい目の前にある。。。

 

超かわえええええええKISSしてえええええええええええええええ!!!!!!!!!!

 

でも僕はジェントルマンだ。

ここでKISSをしてしまうのは簡単だろう。

 

それを耐えてこそ本物の男!!!!!!!!

 

恋はそんなに急いではいけないのだ。

そしてかなり遅い時間になり確か3時くらいにバイバイをした。

 

僕は帰ってからも彼女の事を思い出してはニヤニヤしていた。

もちろん帰る前に明日も会う約束は取り付けていた。

別れ際にハグくらいしようかと思ったがそれも我慢した。

 

 

 

なぜなら

 

 

 

俺はジェントルマンだからな!!!!!!!!

 

 

 

恋するホーチミン②に続く

www.eggyazawa.com