エッグ矢沢の世界一周ブログ

吉本興業を辞めた僕が自由気まま好き勝手に行く旅

【全ては己次第】ネガティブな奴は立ち入り禁止の島【サムイ島③】

押忍!エッグだ!

 

前回ふざけすぎて収集がつかないまま全く本編が進まなかった!!

 

でもそれでいい!!

 

己を肯定しろ!!

 

どの道に進もうが己は己!!

己を肯定できなくなった時は死ぬ時だ!!

 

すべては己次第!!

 

といわけで今回はさっさと本編を開始しマッスル北村。

 

 

サムイ島で2日が経ち少し落ち着いたころ。

 

小学校一年の頃に同じクラスになってからの腐れ縁。

地元の親友カンゴがサムイ島まで僕に会いに来た。

 

f:id:eggyazawa:20171020194926j:plain

彼はマジメな会社で働くリーマンで、学生時代も今もミッキーマウスのように誰からも好かれる人気者だ。

しかし優柔不断で自分の身の回りの事ができないだらしない男でもある。

カンゴは過去に何度も海外旅行に行ったことがあるのだが、一人で飛行機に乗るのが初めて。

さらに今まで全て友人達に任せてきたのでチケットの取り方もわからない。

 

それでいてカンゴは頑固なのである。

 

「もう俺が代わりに取ってやろうか?」と聞いても「自分でやるから大丈夫!」と言ったまま数日が経過。

 

「チケット取ったよな?」と聞くと「やり方がわからなくて取れなかった!」と明るく答えるカンゴ。

 

既に数日が経過し出発の日は近付いているのにカンゴは余裕である。

飛行機の値段は出発日に近付くにつれ日々上がり続けている。

 

「なんで取れなかったのにすぐ連絡しないんだよ」と聞くと「わりい!忘れてた!」というやりとりが何度か続いた。

 

そして「おまえ前回よりどんどん値段上がってんぞ?俺もう知らねえからな!」と軽く怒ると「まじかよ!やべえじゃん!」と急に焦りだすカンゴ。

 

カンゴが高校受験の時も、大学受験の時も、就職活動の時も、長年付き合った彼女と別れる時も僕ちんは一緒だった。

 

ずっと僕は「早くしろ!手遅れになるぞ!」と言い続けるもカンゴは余裕だった。

 

そして毎回、カンゴは手遅れになってから悲しい顔を僕に見せにくる。

 

そんなカンゴが心配で僕はいつも口酸っぱく忠告し続けてきた。

 

しかし毎回カンゴは

 

「自分でどうにかするから大丈夫!」

 

「うるせえなぁ!わかってるよ!」

 

「やざわぁ。。どうしたら良い。。?」

 

「やっぱり矢沢の言ってた事が正しかったな。。」

 

の地元ではお馴染みカンゴの黄金ルートを辿る。

 

そして今回もギリギリになりLINE電話をしながらカンゴにチケット予約の操作方法を教える。

 

しかしカンゴは頑固&馬鹿なのだ。

 

卵「ちゃんとパスポートの通りの名前を入力しろよ!」

 

カ「わかってるよ!」

 

卵「じゃあとっとと入力しろよ!」

 

カ「ミドルネームはカンゴで良いんだろ?」

 

みたいなことを平気で言ってくるのだ。

 

なんとかカンゴは途中まで進むも何かの入力を誤っているようで先に進めず、最終的に僕が代わりに全てやるのである。

カンゴは31歳にして僕にクレジットカードのセキュリティコードまで教えてしまう情けないなのだ。

 

それでも僕はそんなカンゴが可愛いのである。

カンゴの友人は皆カンゴの世話を焼くのである。

そして皆が口をそろて、そんなカンゴを可愛いというのである。

 

そんなカンゴなので僕は彼の歴代の彼女を全て見てきているが、可愛い子しかいない。

 

そんなペット野郎のカンゴは出発の日は不安で仕方がないようで、地元の駅から電車に乗った段階から全て逐一報告してきた。

そして散々伝えた「液体は預け荷物に入れろ」ということを忘れ荷物検査で止められたと慌てて連絡してきたりした。

 

さらに一番焦ったのは夜の便だったので朝6時頃にバンコクに到着したカンゴから入国審査で引っかかって入れないと連絡がきたことだ。

カンゴ曰く入国審査官にチェンマイチェンマイと言われ「ノーノーサムイアイランド!」と言い続けたそうだ。

意味がわからないので空港に電話しようと電話番号を調べていたらカンゴから入国できたと連絡があった。

カンゴ曰く「おまえはチェンマイに行け!」と空港の入国審査官に言われ続けたとのこと。

 

そんなことはあるはずがないけどな!!

 

出発前のゴタゴタから当日も朝6時に叩き起こされたりと僕は到着前から爆発寸前の状態であった。

 

そして遂にカンゴがサムイ空港に到着したと連絡があったのでカンゴのホテルで待機。

もちろんこのホテルも僕がカンゴのために綺麗な所を探して値切って予約したのである。

 

そんな苦労も知らずカンゴはヘラヘラしながら現れた。

しかし強がっていたが少し泣きそうな顔をしていた。

多分はじめてのおつかい状態だったのだろうと思い、僕はイライラを抑え笑顔でカンゴを迎えた。

※もちろんカンゴは空港からのバスにも乗り遅れ予定より30分は遅れてきた。

 

f:id:eggyazawa:20171020195205j:plain

それからはたった三泊のみのカンゴとサムイ島フルコースを楽しんだ。

 

f:id:eggyazawa:20171020195238j:plain

アゲハ寿司でランチ!

 

f:id:eggyazawa:20171020195307j:plain

バイクをレンタルして島をツーリングしてサムイ島のゲイが営む腕の良い美容院でカット!

 

f:id:eggyazawa:20171020195411j:plain

雨宿りついでにフランス人パぺのパン屋で絶品アップルパイとチーズケーキ!

 

f:id:eggyazawa:20171020195458j:plain

ジャングル!

 

f:id:eggyazawa:20171020195533j:plain

海!

 

f:id:eggyazawa:20171020195614j:plain

ピザ!

 

f:id:eggyazawa:20171020195654j:plain

タイ料理!

 

f:id:eggyazawa:20171020195809j:plain

天下無敵のココナッツミルクシェーク!

 

f:id:eggyazawa:20171020195845j:plain

極旨ドイツ料理屋!

 

f:id:eggyazawa:20171020195922j:plain

ラクレットとステーキが美味い洒落た店!

 

f:id:eggyazawa:20171020200051j:plain

セントラルで日本じゃ着れないヤバイ服を試着!

 

f:id:eggyazawa:20171020200449j:plain

ナイトマーケット!

 

とにかくカンゴとは色々なところを回って毎晩飲み歩いた。

 

そして最終日は僕からの試練で「一人でバイク乗って島一周してこい!」といって本気で嫌がっていたが無理やり行かせた。

でも帰ってきたカンゴは「最高の思い出になった」と喜んでいた。

 

その日の夜は、カンゴに最後にどうしても食べさせたかったフランス人が作る鬼臭い本物のカマンベールチーズを食べに行った。

僕たちは既に夕食を済ませ満腹だったのでチーズを一切れだけ食べるつもりだったのだが、そこの店主と知り合いだったということもありフランスパンまでサービスで出してくれた。

 

f:id:eggyazawa:20171020200742j:plain

ただ本気で腹がはち切れそうなほど満腹だったため、申し訳ないがフランスパンをほとんど残して会計を頼むと「お代はいらない!サービスだよ!」と言われてしまったのだ。

 

これは絶対にフランスパンを残すわけにはいかない。

 

しかしこれ以上食べたら多分吐く。

 

あいにく店主はまだ僕たちがパンを残していることに気付いていない。

 

卵「おい。。カンゴ。。ポケットにパン詰めろ。。」

 

カ「は?どゆこと?」

 

卵「いいから早くポケットにパン詰めろ。。」

 

こうして僕たちは店主の気持ちを踏みにじることなくパンを完食(!?)して店を後にした。

 

 

 

そしてカンゴは晴れやかな顔で日本に帰っていった。

 

 

 

詳しく書こうと思ってたけど野暮だから割愛するけど、この三日間でカンゴは何度もネガティブなことを言っていた。

 

その度に僕はイライラして何度かブチギレた。

 

こんなポジティブな場所に来てまで

 

旅行というポジティブでしかない時間なのに

 

なんでネガティブなことを言うんだ!!

 

と本気で腹が立った。

 

旅している最中は夢の中と同じなんだ。

 

夢の中では好きな事だけして、好きな物だけ食べれば良い。

 

夢なんだから自分の意識ひとつで何でも変えられるんだ。

 

 

 

そう

 

 

 

すべては己次第!!

 

 

 

決まった!!

 

 

 

そしてカンゴが日本に帰ってから数日経ってLINEが届いた。

そこにはこう書いてあった。

 

 

「日本てちいせぇなぁ。。」

 

 

カンゴはサムイ島で大きくなり過ぎたようだ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

ちなみに僕が吉本の芸人時代にやっていたオールナイトニッポントークの中で何度か登場していた地元の友達とは何を隠そう、ほぼカンゴの事です。

ヤバイ話もしているので、どれがカンゴの話かは秘密です。