エッグ矢沢の世界一周ブログ

吉本興業を辞めた僕が自由気まま好き勝手に行く旅

【タイ人彼女の実家】知り合ったばかりのタイ人の家で飯をご馳走になるのは危険!?【ラヨーン編④】

押忍!エッグです!

www.eggyazawa.com

今回は前回のラヨーンで釣りがしたいよ~ん!の続き!

f:id:eggyazawa:20170705175402j:plain

ラヨーンも三日目となり僕ちんは彼女を迎えに行き、近所の子供たちと今流行りの何が楽しいか全く理解できないハンドスピナーで遊び、彼女の友達の家でランチ。

f:id:eggyazawa:20170705175327j:plain

そしてYODさんから「5時に約束の場所で」と画像付きでLINEが届く。

この画像に写るフォークリフトの番号も5番なのがシュール。

たまたまなのかボケなのか僕にはマイルー(タイ語で知らない)。

 

そんなこんなしていると5時になったので今日も釣りに行くことに!

f:id:eggyazawa:20170705175428j:plain

しかし全く釣れない。

昨日のことが嘘だったかのように全く釣れない。

とはいえ1時間もしないうちにYODさんが「飯食いに行こう!」と言い出し釣りを切り上げ移動することに。

 

f:id:eggyazawa:20170705175525j:plain

YODさんのサウンドシステム?を搭載したイカつい車に乗せられ移動!

 

昨日も一緒に釣りをした仲間の家に到着して料理をしながら酒盛り。

f:id:eggyazawa:20170705175554j:plain

 

僕はビールしか飲まないが、みんなはウイスキーをガンガン飲んで盛り上がった。

f:id:eggyazawa:20170705175614j:plain

しかしこの楽しい宴の最中、僕のiPhoneは彼女からの着信地獄。

 

「どこにいるナ!?」

 

「早く帰ってくるナ!!」

 

「会ったばっかの人の家に行くなんて馬鹿ナ!!」

 

「酔っぱらったら終わりナ!!」

 

「金取られて殺されるナ!!」

 

と延々と連絡がくるので「酒は一滴も飲んでない、もう帰る」と連絡。

多分この雰囲気なら大丈夫だし、そうなったらその時はその時。

こーいうことをいうと警戒心ばかり強く人生の半分も楽しめてないような人が色々と無駄に上からアドバイスしてくるのが本当にウザイ。

最低限こっちも相手をシッカリと見て行動してますので心配ご無用でござる。

※彼女に心配されるのは当然なので文句はありません。

 

そうこうしている内に完成したのが、こちらの激辛鶏肉炒め!

超辛くて次の日は肛門がヒリヒリしたけど美味かった!

f:id:eggyazawa:20170705175718j:plain

そして昨日釣ったプラーニンの塩焼き!

これがマジでビックリするくらい美味かった!

あんな汚い池の魚大丈夫か?と思ったけど臭みもなくアロイ!(タイ語で美味い)

f:id:eggyazawa:20170705175746j:plain

とにかく美味くて酒も進んでYODさんがギターを持ち出し歌いだした。

負けじと僕も一曲だけ下手くそな弾き語りをするとみんな盛り上がってくれた。

f:id:eggyazawa:20170705175815j:plain

するとYODさんの子分のNATさんが奥からプラクルアンを持ってきて友達の証だと僕にプレゼントしてくれた。

f:id:eggyazawa:20170705175953j:plain

僕はちょっと込み上げるものがあったが、グッと堪えた。

 

そして最後にYODさんが僕に歌をプレゼントすると一曲歌ってくれた。

アイラブエッグとジャパン以外は一切聞き取れなかったけど、これもまた嬉しかった。

せっかくなのでYouTubeにもアップしたのでご覧ください。

 

youtu.be

 

そろそろ良い時間だし彼女が今夜は僕のホテルに泊まるといっていたので僕も帰ることに。

 

沢山ビールもご馳走になり、美味しい食事も用意してもらったが一銭も取られることはなかった。

また必ず戻ってこい!おまえは家族だ!みたいなことを多分いってくれていた。

みんな99%タイ語で、ほとんど理解できなかったけど最高に楽しかった。

 

お互い心で会話すればこんなにも仲良くなれる。

僕はYODさん達に、そんなことを教えてもらった気がする。

 

f:id:eggyazawa:20170705181806j:plain

帰り道、彼女に今から迎えに行くよと連絡すると

 

「遅いナ!!もう寝るナ!!だからうちには来るナ!!」

 

と明日はパタヤに移動で、今夜が最後の夜だというのにこれである。

僕と彼女は言葉は通じても心が通じ合っていないことを痛感した夜であった。

 

 

次回!パタヤ編!特に山場とか無し!